fc2ブログ

恐れていたことが

9/23 対阪神●1-6(ナゴヤ) 吉見12勝9敗(78勝60敗3分①) 対阪神13勝9敗2分
  勝てばマジック点灯、負ければ自力優勝の可能性が無くなるという大事な一戦。その先発マウンドを託されたのはエースの吉見でしたが、故障明け2試合目で前回の登板でもマエケンに投げ負けているだけに不安がありました。そしてその不安は的中してしまったのです。1回表に3四球で二死満塁として城島に2点タイムリー安打を打たれ、ナゴヤドームでの阪神戦の連続無失点が31イニング目でストップ。その後もリズムに乗れず、マートンに今季200安打目となるソロホームランを打たれるなど屈辱に塗れました。打線も球がキレまくりの能見の前に森野の21号ソロによる1点のみ。ブランコが負傷欠場でただでさえ迫力に欠ける打線に打ち崩せる相手ではなかったですわ。
 
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)