fc2ブログ

イタリアワインの魔境

  私もこれまでに700軒以上の飲食店を見てきて、ワインも世界各国300種類以上飲んできたので少々のお店やワインリストでは驚きません。でも、昨日の夜に行ったワインバーではカルチャーショックを受けました。ワインとサッカーに詳しいブログ「ファブレガスとワインに酔う」の中で、「ここは何が出るか分からない。まさにここはイタリアワインの魔境だ!」とまで評されたイタリアワインバーです。

008_20080513114552.jpg

↑ワインバーなのにカフェメニューもあるのか?と思ったら、右の看板は別の店の看板なようです。
  ここから一挙に7種類のワインと1種類のグラッパを紹介します。全部合わせた酒量は軽くフルボトル1本分を超えていますね。とにかく、イタリアワイン好きなら泣いて喜びそうなワインがリストにぎっしりとあり、ワインセラーの中は宝の山です。でも、リグーリア州は無かった・・・。

009_20080513114614.jpg
↑ヴェネト州のフィリッピ「ソアーヴェ・クラシコ2003」。赤のキァンティと白のソアーヴェは昔からイタリアワインの代名詞的ワイン。だからあまり評価されない傾向にあるんですが、このソアーヴェは力を持ってます。そこいらのソアーヴェとは違います。

010_20080513114637.jpg
↑トスカーナ州のポデーリ・サングイネート「ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ2003」。何と言っても名前が「モンテプルチアーノの高貴なワイン」という意味のワインですから上品な味わいです。

012_20080513114702.jpg
↑イタリア最高のスプマンテがロンバルディア州のフランチャコルタ。中でもベッラヴィスタと並ぶ横綱級の生産者であるカ・デル・ボスコの「キュヴェ・プレステージNV」。シャンパーニュと比較する必要無し、フランチャコルタはフランチャコルタなのだから。この辺りから違う次元やら世界に飛んで行ってます。

013_20080513114726.jpg
↑トスカーナ州のサンタ・マリア「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2002」。私が最も愛するイタリア赤ワインの一つブルネッロ、中でも知る人ぞ知るブルネッロがこれ。かく言う私は知らなかった・・・。エチケッタにライオンのマークが描かれていることから「ブルネッロのライオンキング」とも呼ばれているそうな。

014.jpg
↑フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の頑固オヤジのラディコン「オスラヴィエ・リゼルヴァ1998」(ヴィンテージ当ってたかな?)。誰も真似できない超個性派白ワイン。個性という言葉はラディコンのためにこそある。

016.jpg
↑トレンティーノ・アルト・アディジェ州が誇る高級&高品質スプマンテの「フェッラーリ・ペルレ」。

018.jpg
↑ピエモンテ州のカ・ド・ガル「モスカート・ダスティ2006」。甘口が欲しいと言ったら出されたモスカート・ダスティ。ベタッとしない切れのいい甘口です。

019.jpg
↑人生初のグラッパはプロセッコのグラッパ。体が焼けそう、口から火を噴きそう。この日の最後の昇天。
  途中から完全にトリップしてしまい、店主に暴言(?)吐きまくり。そこに常連客の方々も加わり、お堅い街である西天満のすぐ隣とは思えぬ怪しげな饗宴に。18時の開店とほぼ同時に入店して、店を出たのは23時前。でも、今朝にさすがに反省しました。

スポンサーサイト



COMMENTS

No title

はじめまして、こんにちは!お邪魔します。
ピンコさんのブログ読みました(笑)。素敵な感性をお持ちかと・・・。(^^)

リグーリア州に反応して書き込みしています。
ひょんな事からリグーリアワインを探す旅を強いられる事に
なりそうなんですが、日本では手に入りにくいものなんですよね?
知りませんでした。無事に入手したいものです。
でもピンコパリーノさん、ホントに興味深いワインが
たくさんありますよね!無知な私でも行くと散財するので困ります。(^^;

はじめまして

 prugnaさん、ようこそ。ピンコ姐さんのブログを読んだら「かなり危ない、イッちゃってる人」にしか思えませんでしょうがいたって「普通」の人間ですから。リグーリア州は確かイタリア20州の中でも下から2番目にワイン生産量が少ない州です。でも、1番少ないはずのヴァッレ・ダオスタ州のワインの方がよく見かけます。リグーリア州のワインをどうしても入手したいのであれば、売っている店を知っています。日本橋のワインショップ「フジマル」さんで、「ピガート1991」が7560円で売っています。でも、私を含めて誰も買う勇気が無いのです。ピンコ姐さんも「あれを仕入れようかな」とは言ってましたが、もし買われたら感想を聞かせて下さい。

ごめんちょ。。。

かなり危ない。ではなく、かなりオモシロい人ですよ。
傷付いてたらごめんね。
でも、楽しい夜でしたよね!
また美味しいワインを飲んで楽しい時間を一緒に過ごしましょう!!

お褒めに預かり

どうも、赤の太字でお褒めに預かり恐縮です。しかし書いているほどには詳しくないので、かなり見当違いな事も言ったりします。しかしこの店は底がない、なにを隠してるのかわかんないところが恐ろしい。まさに魔境とは我ながらよく言ったもので。。。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)