fc2ブログ

もっと甘くても大丈夫

  暑い時だからこそ逆に暑い季節に相応しくない物を食べたくなります。冷麺よりも熱いラーメンを、冷えた白ワインよりも濃厚な赤ワインを、さっぱりしたお菓子よりも甘いお菓子を。甘いお菓子と言えば、わが母校の高校近くに出来た「Patisserie Liergues(パティスリー・リエルグ)」のことを思い出したので、自転車こいで行ってきました。

ソレイアード ムース・オー・ピスターシュ
↑(左)新商品のソレイアード。ケーキの名前も見た目も美しいですね。
 (右)抹茶ムースかと思ったらピスターシュ(ピスタチオ)のムースでした、ムース・オー・ピスターシュ。

プラリネ・ブランとショコラ・バナーヌ リエルグのクリームパン
↑(左)数あるマカロンの中からプラリネ・ブランとショコラ・バナーヌを。原材料表記を見ると、プラリネ・ブランのオレンジ色とショコラ・バナーヌの黄色は着色料で色付けしているとのこと。
 (右)ヴィエノワズリーの中からクリームパンを。

  こちらのお店で買うのは今回が2回目で、前回も思ったのですがどのお菓子もそれ程甘くないです。フランスのお菓子を再現するために甘味について妥協しないのがコンセプトだということらしいですが、もっと甘いケーキを食べてみたいです。
 
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)