fc2ブログ

山井とうとう6連敗で二軍落ち

5/17 対阪神(甲子園)○4-3 田島2勝 福谷1勝8S(21勝18敗3分② 対阪神6勝4敗)
  佐藤優が4回途中3失点とパッとせずも2-3で迎えた9回表一死二塁で代打:野本のタイムリー安打で同点に追いつきさらに鳥谷の落球で一死満塁と好機が広がって代打:藤井の犠飛でついに勝ち越し。

5/18 対阪神(甲子園)●2-3 山井6敗(21勝19敗3分② 対阪神6勝5敗)
  山井がこの日も5回3失点と先発としての最低限の役割は果たしながら勝ち星に見放され続けとうとう登録抹消に。その一方で田島が開幕から25試合連続無失点のセ・リーグ新記録を樹立。
【登録】山井を登録抹消して加藤を登録。

5/19 対阪神(甲子園)●2-3× 又吉2勝3敗(21勝20敗3分③タイ 対阪神6勝6敗)
  犠打を4回も失敗してたらそりゃ勝機を逃しますわ。特に先発の若松は3度も犠打失敗して自分で自分を援護できず。1回表にビシエドの詰まりながらのタイムリー二塁打と藤浪の暴投とで2点を先取。5回まで無失点に抑えていた若松は3度目の犠打失敗の直後の6回裏に2点を返されて試合は振り出しに。9回裏に又吉が2安打と死球とで一死満塁として原口にサヨナラ打を打たれて勝負あり。

ナゴヤで広島と五分

5/13 対広島(ナゴヤドーム)●3-6 又吉2勝2敗(19勝18敗2分③タイ 対広島2勝7敗)
  福谷が抑えに失敗し守備の乱れもあって3連敗。1回裏にビシエドの12号2ランで戸田から幸先良く先制。2-2の同点の7回裏に代打:野本のタイムリー二塁打で勝ち越し。しかし9回表に福谷が新井に同点タイムリー二塁打を浴びて延長戦に突入すると10回表二死三塁で堂上直のファンブルで勝ち越し点を許し、さらに丸に2点タイムリー三塁打を浴びて勝負あり。
【登録】エルナンデスと金子丈を登録抹消して遠藤とジョーダンを登録。

5/14 対広島(ナゴヤドーム)○6-5 田島1勝 福谷1勝7S(20勝18敗2分② 対広島3勝7敗)
  3点を追う7回裏に代打:野本・大島・荒木の三連打で同点に追いつくと8回裏にビシエドがジャクソンから決勝の13号ソロ。前日に抑え失敗の福谷がいきなり無死二塁の窮地を招くも何とか逃げ切りに成功。
【登録】武山を登録抹消して吉見を登録。

5/15 対広島(ナゴヤドーム)△3-3 (20勝18敗3分② 対広島3勝7敗1分)
  吉見と中村恭の両先発以降の中継ぎ陣が踏ん張り延長引き分け。

佐藤優がプロ初先発初勝利も負け越しで首位陥落

5/10 対横浜(横浜)○6-3 佐藤優1勝(19勝15敗2分① 対横浜5勝1敗1分)
  プロ初登板初先発のドラフト2位ルーキー佐藤優が5回を2被安打3奪三振で筒香のソロ被弾の1失点に抑えてプロ初勝利。平田が先制のタイムリー安打と勝ち越しのタイムリー安打で2安打2打点と好調を持続。8回表にはエルナンデスの1号2ランでダメ押し。

5/11 対横浜(横浜)●0-2 山井5敗(19勝16敗2分② 対横浜5勝2敗1分)
  山井は6回2失点と試合を作りはしましたが4試合連続2桁安打中の打線が石田・三上・山﨑の継投の前にまさかの4安打で零封されてしまいはやくも5敗目。ナニータの連続試合安打も20で止まってしまいました。

5/12 対横浜(横浜)●5-6× 又吉2勝1敗(19勝17敗2分② 対横浜5勝3敗1分)
  わずか4安打の前日から一転して14安打しながらも若松が5点の援護点を守れず6回裏に5-5の同点に追いつかれ、延長10回裏に又吉が安打と連続四球とで無死満塁としてしまい最後は倉本に打たれてサヨナラ負け。

福のプロ初勝利にビシエド1イニング2発に堂上直6打点で単独首位

5/6 対巨人(東京ドーム)○7-2 若松4勝2敗(16勝15敗2分④ 対巨人2勝1敗1分)
  2試合連続完封負けの打線がようやく奮起して16安打の猛攻。1点を追う5回表にプロ初先発の長谷川から平田の犠飛で追いつくとさらにナニータのタイムリー安打で勝ち越し。荒木が4安打、平田が2安打2打点、エルナンデスが3安打3打点の活躍。

5/7 対巨人(東京ドーム)○8-1 福1勝(17勝15敗2分③ 対巨人3勝1敗1分)
  先発のネイラーは試合前に右肘に違和感を訴えていたもののあえて予告先発の変更をせず1回裏に4球で一死を取ったところで事実上の先発の福に交代。2回表にビシエドの10号ソロで今村から先制するとこれで打線に火が着いて福のタイムリー内野安打、大島の押し出し四球、平田の2点タイムリー安打で4点を追加し、トドメは再びビシエドの11号3ランでこの回一挙8得点。自身のプロ初安打&初打点と大量援護で勢いに乗った福は巨人打線を5回3被安打4奪三振1失点にまとめてプロ初勝利。
【登録】ネイラーを登録抹消してバルデスと佐藤優を登録。

5/8 対巨人(東京ドーム)○11-4 バルデス1勝(18勝15敗2分① 対巨人4勝1敗1分)
  今季最多を更新する17安打の猛攻で巨人投手陣を粉砕して今季初の単独首位に浮上。堂上直が2回表に高木から先制の1号ソロを放つと6回表無死二・三塁では2点タイムリー安打、7回表無死満塁では3点タイムリー二塁打を放っての計6打点で巨人ベンチにいる兄の堂上剛に打棒を見せつけました。8回表には平田も4号3ランを放って計4打点。今季初先発のバルデスは6回を片岡の2ランによる2失点に抑えてネイラーが欠けても何の問題も無いことを証明してくれました。

小熊まで負傷で打線不振も深刻

5/3 対阪神(ナゴヤドーム)○4-2 ジョーダン2勝 福谷1勝6S(15勝13敗2分③ 対阪神5勝2敗)
  1回表にジョーダンの暴投で先制を許すもすぐさま平田と谷のタイムリー安打で藤浪から逆転。2-2の同点で迎えた5回裏に桂の3号ソロで勝ち越すと7回裏には大島のタイムリー三塁打で貴重な追加点。
【登録】ジョーダンを登録抹消して吉見を登録。

5/4 対阪神(ナゴヤドーム)●0-9 吉見1敗(15勝14敗2分③ 対阪神5勝3敗)
  吉見が5回途中11被安打で7失点という信じられない大炎上、打線もわずか3安打の完封負けで阪神の2年目の横山にプロ初勝利を献上。
【登録】吉見と森野を登録抹消してエルナンデスを登録。

5/5 対阪神(ナゴヤドーム)●0-1 山井4敗(15勝15敗2分④ 対阪神5勝4敗)
  4回表に原口の打球が小熊の右手を直撃、負傷降板した小熊に代わって緊急登板した山井が試合を作るも7回表に伏兵の大和にプロ通算2号となるソロ被弾してこれが決勝点に。この日も打線は本調子でないメッセンジャーを打ち崩せず7回裏二死一・三塁で代打:野本が放った左中間を破りそうな打球も好守に阻まれてしまいました。。。
【登録】右手打撲の小熊を登録抹消して金子を登録。