fc2ブログ

再認識した脅威の布施フレンチ

  ほぼ1年前に訪れた布施のフレンチバル「Caveau de CHASSAGNE(カヴォー・ド・シャサーニュ)」を再訪。よく行く某ダイニングに勤務していたサーヴィスマンのMさん(ワイン・エキスパート合格者)が最近になってこのお店で働いていることを知ったからです。
  1年前の記事でも書きましたが、ホンマモンのビストロ料理が驚異的な安さで提供されるのです。さらにワインもまた驚きの値付けです。ヴォーヌ・ロマネやシャンボール・ミュジニー、モレ・サン・ドニ等の高級ワイン程お得になっています。
  今回は竹野オーナーシェフとMさんとでリーズナブルな赤ワインをセレクトしてもらいました。

シャトー・ロビン05
↑ボルドー地方コート・ド・カスティヨン地区の「シャトー・ロバン2005」。メルローの比率が高くてタンニンも穏やか。
  同行者がこのお店の常連で、ワインよりも食事目当てで通っているそうです。毎回かなりの皿数を食べるそうで今回もその方に合わせて結構注文しました。先ずは、アミューズでタラ白子のムニエル。次いで豚舌のハムと黒鯛(チヌ)のポアレ。

イベリコ豚のローストウサギ腿肉のローストパエリア
↑(左)イベリコ豚のロースト。同行者が気に入っておかわりをお願いしました。すると、最初の皿がクリームソースだったのを二皿目はタプナードを添えた別のソースに変えてくれたのです。竹野シェフの素晴らしい配慮です。
 (中央)ウサギ腿肉のロースト。黒板を見た瞬間に気になったのがこれ。
 (右)パエリア。上に乗っているのはニューカレドニア名産の天使の海老です。どの料理もメインの素材だけでなくガルニチュールにまでしっかり気が配られていて、しかもボリュームもあります。

  東大阪全体でどの位の数のフレンチの店があるのか知りませんが、この店はその中でもトップクラスでしょう。たまたま不動産屋に薦めてもらった物件が布施にあったという理由でこの地で独立したそうですが、東大阪にホンマモンのフレンチをもたらして下さって感謝です。

もっと甘くても大丈夫

  暑い時だからこそ逆に暑い季節に相応しくない物を食べたくなります。冷麺よりも熱いラーメンを、冷えた白ワインよりも濃厚な赤ワインを、さっぱりしたお菓子よりも甘いお菓子を。甘いお菓子と言えば、わが母校の高校近くに出来た「Patisserie Liergues(パティスリー・リエルグ)」のことを思い出したので、自転車こいで行ってきました。

ソレイアード ムース・オー・ピスターシュ
↑(左)新商品のソレイアード。ケーキの名前も見た目も美しいですね。
 (右)抹茶ムースかと思ったらピスターシュ(ピスタチオ)のムースでした、ムース・オー・ピスターシュ。

プラリネ・ブランとショコラ・バナーヌ リエルグのクリームパン
↑(左)数あるマカロンの中からプラリネ・ブランとショコラ・バナーヌを。原材料表記を見ると、プラリネ・ブランのオレンジ色とショコラ・バナーヌの黄色は着色料で色付けしているとのこと。
 (右)ヴィエノワズリーの中からクリームパンを。

  こちらのお店で買うのは今回が2回目で、前回も思ったのですがどのお菓子もそれ程甘くないです。フランスのお菓子を再現するために甘味について妥協しないのがコンセプトだということらしいですが、もっと甘いケーキを食べてみたいです。
 

東大阪の下町で硬派なフランス菓子

  私の家からそう遠くない場所に、フランスで修業したパティシエールの店がオープンしたことは知っていました。でも仕事に追われてすっかり忘却の彼方に追いやってしまって時間が経過し、ふと雑誌「あまから手貼」を書店で立ち読みしていたらそのパティスリーが載っているじゃないですか。フランスで学んだ甘さを変えない、オープン当初はお客さんから「濃い過ぎる」と言われた等の記述を読んでいて、その硬派なスタンスに興味を惹かれました。詳しく場所を調べてみたら、何と私の出身高校のすぐ近くで、自転車で15分もあれば行ける距離です。そのお店の名前は「パティスリー・リエルグ」です。

パティスリー・リエルグのガトー5種
↑手前から時計回りに、エクシタン・ショコラ、ミルフィーユ、フロマージュ、プララン、モンブランです。
  全部食べてみた印象として、そんなに濃厚ということはないです。おそらく周辺の人々がフランス菓子を食べ慣れていなかったので「濃い過ぎる」という意見が出たのでしょう。
  先ずエクシタン・ショコラは抜群に美味しかったです。ショコラムースの中にサクサクのフィアンティーヌが隠れていて食感でも楽しませてくれます。ユニークなデザインのモンブランはマロンクリームが上品で洗練された甘さでふわっとした食感もまたユニークです。オーナーパティシエールの修業先である「シャルルフレーデル」のスペシャリテだというプラランは、ゆっくりじっくりと味わうことでプラリネの美味しさを堪能できました。フロマージュはチーズケーキを食べていることを実感できるどっしりとした濃厚な味わい。ミルフィーユはパイ生地がふやけないようにカスタードクリームの水分がかなり少な目ですね。一番下のパイ生地に薄く塗られたフランボワーズのジャムが良いアクセントになっています。
  どのケーキもレベルが高いですね。場所柄どのケーキの価格も400円以下であり、このレベルのケーキがこの価格帯で食べられるのは有難いことです。

疲れた体にピスタチオのエクレール

  11月は無休で活動しております。本当ならメインのことだけに集中できればいいのですが、そういう訳にもいかず無休で動き回ってもまだ時間が足りないかもしれません。正直パンクしそうな状態ですが、このブログの更新を息抜きにして頑張ります。
  疲れているせいか無性に甘いものが食べたい気分で、八戸ノ里と言えばケーキとチョコレートの店「ファミーユ」でケーキを買いました。

ピスタチオのエクレア
↑ショーケースを見るなり目を引いたのが手前のピスタチオのエクレ―ル。隣が定番メニューのエクレール・ショコラなのですが、華やかさが全然違うでしょ。中にはピスタチオのクリームがたっぷりと入っていて、このピスタチオクリームがまた美味しいです!
  スイーツで疲れを癒し、この記事を書いたらまた仕事に戻ります・・・。

布施の激安フレンチバル

  実は風邪をひいてしまってアルコール断ちをしています。今週は「ビストロ・ヴェー」のワイン会に参加するはずでしたが次週の方に延期してもらいました(13日と20日の2週開催なのです)。なにしろ鼻詰まりでワインの香りが全く分からないわ、咳をゴホゴホでは行っても迷惑かけるだけですから。一応、明日の夜のイベントでワイン解禁する予定ですが、回復具合があまり芳しくないのでちょっと不安です。

  先日に事務所のお客さんに誘われてフレンチバルに行ってきました。フレンチを気軽に食べられる店が少ないと思っていたところにタイムリーなお誘いです。ありました、フレンチを気軽に食べられるお店が。しかも私の地元である東大阪市に。
  近鉄布施駅から徒歩2分位のところにあるフレンチバル「Caveau de CHASSAGNE(カヴォー・ド・シャサーニュ)」。カウンターのみの小さなお店で、オーナーシェフの竹野さんがお一人で切り盛りされています。満席になって入れなかったら困るのでお客さんが予約を入れておいて下さいました。
  ランチもやっているようで、1500円ランチのみですが、日替わりのメインはウサギやホロホロ鳥、鴨肉も登場する豪華なものとのこと。
  黒板メニューを見てみると激安です。キノコのマリネ350円、鴨スモーク500円、牛タンのサラダ600円、パエリア800円、スズキのポアレ800円、ブイヤベース1200円、蝦夷鹿ステーキ1700円etc.
  お客さんは元々フレンチの料理人だったのでフレンチにはうるさい人です。オーダーはお客さんにお任せしました。田舎風パテ、ズワイガニのキッシュ、牛タンサラダ、牛ホルモンのシードル煮込み、フォアグラのポアレ、蝦夷鹿ステーキ、作りたてイチジクのソルベを注文。ワインが飲みたくなるところですが、黒ウーロン茶で我慢です。
  一皿のボリュームはそれ程ではないので男二人でシェアして食べるには量不足な部分もありますが、ソースの使い方などに工夫が凝らされていて、布施にこんな本格派の料理を出す店があることに驚きました。最も興味深かったのが牛ホルモンのシードル煮込み。甘いリンゴ酒でホルモンを煮込んだらどんな味になるのか不思議だったのですが、洋風肉じゃがのような感じでした。
  ワインリストを見ると、がぶ飲みワインから高級ワインまで揃っています。ムルソーやヴォーヌ・ロマネなんかは凄くリーズナブルな価格設定。ワインを飲めるようになってからまた来たいお店でした。