fc2ブログ

衝撃の映像

  今朝に某テレビ番組を観ていました。御老体二人が「あっぱれ!」とか「喝!」とか叫ぶスポーツコーナーがある番組です。そのスポーツコーナーにて衝撃の映像を観ました。
  ドラゴンズが先日のドラフト会議にて指名した亜細亜大学の中田亮二内野手の映像です。なんだこの巨漢は!しかし、体重が115㎏なのに対して身長は171㎝なので巨漢と言うには上背が不足しています。50mを6.3秒で走るらしく、走塁の映像を観てみても結構速かったです。
  風貌から西部ライオンズの「おかわり」中村剛也を連想せずにはいられません。何といっても中村剛也はパ・リーグの二年連続ホームラン王ですからね。あんな風になってくれればと期待してしまいます。一軍には不動の4番ファーストでブランコがいるので壁は高いでしょうが、二軍で燻っている新井良太をいきなり抜き去ってしまうかも?

ドラフト会議2009

  今年もドラフト会議の時季がやって来ました。今年の最大の目玉は花巻東高校の菊池雄星投手。ドラゴンズを含めた6球団がこの菊池投手を1位で指名しましたがドラゴンズはクジで外れました。交渉権を獲得したのは西武ライオンズ、菊池投手が国内12球団どこでもOKの姿勢を表明しているので西部入りが確実でしょう。
  私には菊池投手がそんなに凄い投手には思えません。それよりもドラゴンズには中京大中京高校の堂林翔太野手をこそ指名してもらいたかったです。その堂林野手は広島が2位指名、しかも広島は青峰高校の今村投手を1位で指名でき、満点のドラフト会議だったのでは。
  以下に指名選手を列挙しておきます。

1、岡田俊哉投手(智弁和歌山)
2、小川龍也投手(千葉英和)
3、中田亮二内野手(亜大)
4、松井佑介外野手(東農大)
5、大島洋平外野手(日本生命)
6、諏訪部貴大投手(Honda)
7、松井雅人捕手(上武大)
8、吉田利一 捕手(奈良産大)
――
育成  矢地健人投手(高岡法科大)
育成 赤田龍一郎捕手(愛知大)

 はっきり言って知っている選手は一人もいません。全くの情報無しです。しかし、即戦力として期待して指名した選手はいないように思えます。

終戦 お疲れ様でした~

10/24 CS2ndステージ 対巨人●2-8 中田1敗
  今季の巨人戦は2連敗すれば3連敗するのが御約束事なので今日での終戦を覚悟していました。それでも1回裏のあのプレーを見てしまうと腹が立ってしまいます。
  1回裏無死二塁で松本の犠打を中田が一塁悪送球であっさり先制点を献上。草野球かい!0-3で迎えた3回裏無死満塁では谷に満塁被弾。4回表にブランコの2号ソロで東野から1点を返し、5回表にはもう1点を返してなおも一死満塁の大チャンスというのに、森野とブランコが越智の前に連続三振。これで完全に勝負が決しました。
  もし明日も試合があったなら先発したであろう伊藤準規が8回裏に登板。坂本と小笠原にあわやホームランかという大きな当たりを飛ばされたのにどちらも外野フライになったのは伊藤の球威とキレが凄いということなんでしょうかね。しっかし、ダルビッシュみたいに足が長いですねぇ。
  選手の皆さま、今シーズンはお疲れ様でした。低い前評判を覆す2位という結果は十分に誇れるものだと思います。
  今後は吉見のニンニク注射問題と来季の編成だけが関心の対象ですな。誰が戦力外になるんでしょうか?

浅尾まで打たれて絶対絶命

10/23 CS2ndステージ 対巨人●4-5 浅尾1敗
  もうダメです、明日で決まりでしょう。昨年と同じく初戦を勝った後に3連敗でTHE ENDですわ。
  ニンニク注射問題で渦中にある吉見が中4日で先発。その吉見に1回表に早速援護点が。森野が高橋尚から2号2ランを放ち、これで森野は3試合連続先制打点を挙げています。吉見も必死の投球で巨人打線を5回まで0点に抑えます。ところが、6回裏にラミレス・亀井にまさかの連続被弾して2-2の同点に。そんなバカな・・・・絶句してしまいました。
  しかしながら、7回裏に吉見の代打:井上の中前打で越智からチャンスを作ると、森野の二ゴロとブランコのタイムリー安打で2点を勝ち越すことに成功。7回裏を高橋聡が完璧に抑え、8回裏は浅尾で盤石のリレー・・・・のはずだったのですが浅尾がよもや乱調です。二死二・三塁で亀井の詰まった遊ゴロを井端が弾いている間に1点差、さらに代打:脇谷の2点タイムリー二塁打で逆転されてしまった~。
  話は変わりますが、楽天の田中マー君は凄い投手ですな。負けたら野村監督のラストゲームになるという試合で気迫の完投勝利。鬼神が宿っているかのような形相と咆哮。こういう気迫で投げるタイプの投手って、かっての川上憲伸を除けばドラゴンズにいませんよね。先発で一人欲しいです。

かろうじて次に繋がる敗戦

10/22 CS2ndステージ 対巨人●4-6(東京) チェン1敗
  ゴンザレス程ではないにしてもドラゴンズ打線が苦手にしているのがオビスポ。制球力抜群のゴンザレスとは正反対にどこに飛んでくるのか分からない荒れ球がオビスポの特徴、今日もやられました。
  1回表に森野の1号2ランであっさり先制。しかし、オビスポに3死球を喰らった影響なのか、どうも各打者が及び腰になっていたように見えました。なにしろ2回以降は6回二死一・二塁で降板するまでわずか1安打ですからな。
  中4日で先発したチェンはキレが無かったです。明らかに無理のある先発でした。1回裏にすぐに1点を返され、3回裏にはファールで粘られまくりです。空振りを取れるだけのキレが無いんでしょうね。粘られた挙句にラミレスに同点タイムリー安打を打たれ、4回表にはこの日2回目の犠打失敗。こんなことやってたら流れが巨人に行って当然です。4回裏の巨人の攻撃ではラッキー安打が出まくりで、チェンが4回途中5失点でKOされました。
  2-6で負けてたら嫌な雰囲気ですが、8回表に藤井が越智から1号2ランを放って2点差にまで迫ったのはかろうじて明日に繋がるはずです。
  ところで、降ってわいたような吉見のニンニク注射疑惑。巨人側は徹底調査と吉見のCS登板辞退を迫ってます。なんでこの時期に?読売の陰謀か?