fc2ブログ

気持ちは分かるが・・・

  スポーツ報知の記事によれば、中日ドラゴンズの中村公治外野手が起用法への不満から球団に退団の申し入れをしたそうな
  中村公治は東北福祉大から2003年秋のドラフトを経てドラゴンズに入団し、「将来の4番候補」とか「福留がアテネオリンピックで抜けた時の代役になれる」との首脳陣の評価に違わず、1年目にいきなり決勝タイムリーを放つ活躍も見せました。
  しかし、2年目以降は目立った活躍がなく、今季は代打でわずか1打席のみの出場。5年間の通算打率は.179でホームランは0本。というのも、一軍に上げても代打で1打席打たせてみてヒットを打てなければ即二軍落ちという落合流の起用法があるからです。大ベテランの立浪でさえ今季は代打で苦しんだのに、一軍経験の浅い中村公が代打ですぐに好結果を出せるはずがありません。これは中村公だけに限ったことではなく落合監督の若手に対する共通した起用法です。こんな起用法で「本気で若手を育てる気があるのか?」と感じたのは私だけではないはずです。
  中村公がこんな起用のされ方に不満が爆発して他球団に移籍したがる気持ちは分かります。しかしながら、トライアウトを受けるにしても他球団に拾ってもらえる保証はありません。もしかしたら、ドラゴンズの選手を辞めるだけでなくプロ野球選手を辞めることになってしまう可能性もあります。何も自分から退団申し入れなどすることはなかったのにと思いますが・・・。

甘過ぎないかい!?

  中日ドラゴンズが前西武の河原投手を採用するというニュースにビックリ仰天!
  河原は駒大からドラフト1位で巨人に入団。原ジャイアンツの第1期目である2002年のリーグ優勝&日本一に守護神として貢献したものの、翌2003年は低迷し、2005年に西武にトレードに出されました。しかし、西武でも故障に苦しんで大した活躍はできないまま2007年のオフに戦力外に。合同トライアウトでも獲得球団は無く、そのまま現役引退したものと思っていたら、何と野球浪人していたそうです。
  そして、中日ドラゴンズの入団テストを受けて、落合監督が採用を決定したそうな。先日のドラフトで大量に指名した上に、また河原まで採用したらその分の枠を空けるのが大変。数多くの選手を粛清しなければなりません。伸び悩んでいる若手も斬られるでしょう。35歳の選手を採って20代の若手は斬る・・・・変じゃない?
  1年間頑張っていた河原の想いを買ったというような話ですが、同じようなパターンで元巨人の三澤も採用しながら一軍登板ゼロでしたよね?現在コーチの上田&奈良原の元日本ハムコンビも大した活躍しなかったし、どこまでベテランに甘いのですか、ここの監督は?

お疲れ様でした

10/25クライマックス2nd対巨人●2-6
  これで今季の全日程が終了。選手の皆さん、お疲れ様でした。
  チェンが4回に2失点するとすぐさま継投に切り替え。そして、ウッズのソロと犠牲フライで同点に追いついたものの、8回裏に高橋聡がラミレスの2ランなどで痛恨の4失点。万事休す。
  今はまだ今季を総括する気になれません。気が向いたら今季3位に沈んだ原因でも検証したいと思いますが、しばらく野球ネタはお休みです。

負けに等しい

10/24クライマックス2nd対巨人△5ー5
  なんとか引き分けに持ち込めたと安心していたら、優勝チームに有利なルールなので負けに等しいことに気付いて愕然。
  得意の内海から和田ベンの2ランと谷繁のタイムリー二塁打で3点を奪って逆転。しかし、またしてもあの男イ・スンヨプが再逆転の3ラン。貴様はオリンピックで岩瀬を打ち、今日またしても川上憲伸を打つのか!難しい球に見えましたし、打った方がスゴいのでしょうが・・・。
  それでも諦めないドラ打線はウッズのソロと谷繁の同点タイムリーで意地を見せる。しかし、クルーンをあっさり代えたのにビックリしました。クルーン続投なら再々逆転まで行けてたかもしれなかったのに。
 もう瀬戸際です。3連勝しないと今季が終わりだ・・・。

誰が出てもアウトだった

10/23クライマックス2nd対巨人●2-11
  完膚無きまでに叩きのめされました。これほど完敗だとかえって引きずらないものだと信じたいところです。
  1回表に森野のソロで上原から先制して喜んだのも束の間、すぐさま朝倉が小笠原に逆転の2ランを打たれ、2回裏にはまたも小笠原にグランド・スラムを喰らいます。こんな状態でよくもまぁ大事な試合の先発を任せたもんだわ。全く話にならない。朝倉の代打・平田がプロ2本目となるソロを放って反撃開始かと思ったら、その後は上原の前にゼロ行進。2番手の小笠原も3番手の山井も打ち込まれてしまい、誰が先発してもダメだったってこと?